闇金 特徴

闇金の特徴

闇金とは・・・

闇金

闇金は国や都道府県に登録をしないで賃金業を行っている業者のことを言います。また、登録はしていても、賃金業法を守らず、違法な高金利を請求する業者も闇金と言います。

 

また、近年多くなってきたのが「ソフト闇金」です。
ソフト闇金は闇金のように怖い人がきて取り立てに来ることもなく、金利が高いだけでお金に本当に困っている人を助けてくれる業者などと紹介されていますが、「ソフト」がついただけで「闇金」そのものです。
金利こそ高いが・・・とありますが、賃金業法では上限金利は借入金額に応じて15%から20%までと決められています。また「グレーゾーン金利」も廃止されていますから、どんなに高くても20%限度となっています。
それを超えているのであれば、違法。法律違反となるので闇金としか言いようがありません。

 

「ソフト」とつくし、優しい人がいて助けてくれるのなら・・・利用してもいいかも。助けてもらえるのなら!と思ってすがりつく前に、市役所などで相談ができる場所もありますし、弁護士事務所でも無料カウンセリングなどが行われていますから、そちらに行くようにしてください。

闇金の例

昔ながらの闇金

「金利1%で貸します!!」などもう、明らかにおかしいと思えるものから、わからないものまで多くあります。
わかりやすいものとしては、090金融などと呼ばれる、携帯電話の番号やフリーダイヤルしか書かれていないような商品や、担当者の名前も苗字だけ、具体的な返済方法や金利の情報も書かれていない。申し込み方法なども明確になっていないような商品は怪しいです。

 

堂々とした闇金

また、ホームページを作って堂々と闇金ですと言って、営業をしている業者もあります。
自社のホームページに「闇金で高利貸し!」「金利は元金の50%です!」など堂々と書かれていて、公式ホームページのトップページ印は賃金業者登録番号も書かれているのですが、そこがリンクになっていて、「賃金業者登録詐欺のお詫び」というページにアクセスできるようになっています。そこで、賃金業者登録番号を掲載して、正規賃金業者を装っていることをお詫び致します。と自社のホームページないで暴露しています。

 

なかなか気が付かない闇金(なりすまし)

大手企業のイオンやアプラス、みずほ銀行などのロゴなどを勝手に使用して、関係会社やその会社本体だと勘違いさせて申し込みさせる手口です。インターネットなどで勝手に大手企業のロゴなどは入手できますし、それっぽい内容と、紳士的な対応の営業マン、賃金業者登録番号は大手企業のものを勝手に表記してしまえば、簡単に騙されてしまいます。

 

ダイレクトメール

泥棒

ダイレクトメールでの勧誘も多くあります。一番はじめに申し込みしていただいた方は驚きの0.3%の金利で融資!先着100名様、無利息で融資します!などなど飛びつきたくなるような内容の広告メールが届きます。基本的にちゃんとした企業がダイレクトメールで融資の広告をすることはないです。

 

この他、年金担保融資・自動車金融・紹介者(コーチ屋)・整理屋・買取屋・チケット金融・カラ貸し・押し貸しなど様々な手口があります。どの方法も、借り手側を怖がらせたり、騙したりすることがほとんどです。訳の分からない業者からお金を借りないこと。が大切になります。